pt47.jpg

脂質異常症

名称変更の理由
 かつては「高脂血症」とよばれていた病態が、「動脈硬化疾患予防ガイドライン2007年」では「脂質異常症」という病名に変更されました。

 なぜなら、善玉コレステロールのように低コレステロール血症が問題になるものも含まれるのに「高脂血症」という名称はおかしいからです。

 脂質異常症の治療は、 悪玉コレステロールやトリグリセリド (中性脂肪)を下げ、善玉コレステロールを上昇させることにより動脈硬化を予防することが目標になります。

脂質異常症の要因と治療の目的
 厚生労働省の統計によると、日本人の死因は多い順に悪性新生物、心疾患、脳血管疾患であり、 高LDLコレステロール(悪玉コレステロール)血症などの脂質異常症に起因する心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患が増加しています。

 動脈硬化性疾患の原因となる脂質異常症の大きな要因は、 日本人の食事の欧米化による脂肪摂取量の増加と運動不足であり、その脂質異常症は自覚症状がないため、そのままになることも多く、 動脈硬化性疾患は突然死の原因や、救命しても後遺症が残ることもあり、早期に発見して治療することが重要です。

動脈硬化予防のためのコレステロール値
 現在、 動脈硬化予防のための診断基準としては総コレステロール(TC)値ではなく、 悪玉コレステロール(LDL-C)値を用います。

 LDL-Cを重要視するわけは、動脈硬化巣のプラークと呼ばれる塊の内部にはコレステロールが沈着しており、 その成分がLDL-C由来であることが証明されているからです。

 血中のLDL-C値を低下させることにより動脈硬化性疾患が減少することも報告されていて、 LDL-C高値は狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、動脈瘤などの病変の発生率が増加します。

 善玉コレステロール (HDL-C) が低くても同様なことが起きやすいことが報告されています。

 目標とするコレステロールの値は、 それぞれの方のリスク(たとえば糖尿病や冠動脈疾患の有無など)に応じて異なりますので、ドクターの指示に従って下さい。

健康維持に必要な資質栄養学
 脂肪は必須脂肪酸とかに代表されるように、 体に必要な脂質も存在するわけで、適度な脂肪の摂取はむしろ好ましいと言えるのですが、脂質異常といわれた方は 特に次のことに注意して改善して下さい。86-4d.gif

・LDL-Cの高値の方は、 摂取脂肪量と質や、 コレステロールの多い食事に気を付け、食物繊維は摂取するように心掛けて下さい。
16b.gif・HDL-Cの低値の方で喫煙している人は禁煙するようにして下さい。
・中性脂肪(TG)の高い方は甘いものやアルコールをひかえましょう。
 いずれにしても、 食べ過ぎないことと、 適度な運動を継続することが重要です。

 生活習慣を改善しても脂質異常の改善が見られない時は、薬物治療を併用します。

薬物療法

koushishitu47a.gif