pt98.jpg

緑内障

はじめに

検眼.jpg  緑内障は昔は「あおぞこひ」と言われていて、白内障の「しろぞこひ」と比べて「あおぞこひ」は失明に至ると恐れられていました。実際、日本人の失明の原因疾患の第1位は緑内障で40歳以上の20人に1人が緑内障と言われています。
 けれども緑内障も早く発見してきっちり治療すれば怖い病気ではないので、悲しい結果にならないためにも知識を高め早期発見・早期治療に努めたいものです。

緑内障とは

  緑内障は眼の網膜に入ってきた情報を脳に伝達する視神経が障害を受けて視野が欠けてしまう病気です。急性の緑内障以外は痛みも無く、視野欠損は5年、10年といった単位で ゆっくり進んでいくことと、片方の目の視野が欠けていても、もう一方の目で補って見る事ができるので、なかなか気づきにくく、発見が遅れてしまうのが緑内障の特徴です。
 一度傷ついた視神経は今のところ元に戻す方法が無いので早期発見のためには、特に40歳を過ぎた方は一度専門医による検査を受けられることをお勧め致します。

眼圧と緑内障

熱は.jpg 眼内では毛様体で作られた房水といわれる透明の液体が循環しています。房水は目の中を流れながら血管を持たない水晶体や角膜に酸素や栄養を運び老廃物を排出しています。この房水のおかげで目の形も保たれていて、房水は目の前方を流れ、名前の通り隅にある隅角(ぐうかく)の線維柱帯でろ過されてからシュレム管を通って目の外の静脈に流れ出ています。
 眼圧は大気中の圧力より少し高めに維持されている水圧で、正常値は10~21mmHgとされています。眼圧は房水の流れで決まり、房水を作る量と房水が目の外に出て行く量のバランスがとれていると問題ないのですが、このバランスが崩れて房水の流れが妨げられると眼圧は高くなります。眼圧は眼の硬さに関係していて、眼圧が上昇すると眼球が硬くなり視神経は障害を受けやすくなりその結果、視野が欠けてくるのです。
 ところが眼圧は正常範囲であるにもかかわらず起きる緑内障があり、日本人の緑内障の約7割も占めています。これは人によって視神経が耐えられる眼圧の高さは異なるからのようで、このような場合も視神経障害を守るためには薬を用いない時の眼圧より下げれば良いわけですから点眼薬によって出来るだけ眼圧を低く維持するという事が治療の目標になります。

緑内障の種類

kinds.jpg

緑内障の検査と治療

 眼圧検査と視神経の状態をみるための眼底検査と緑内障の進行状況をみるための視野検査が緑内障の主な検査になります。
 治療の基本は点眼薬で、効果が不十分な場合はレーザー照射や手術が行われます。
 手術では房水の流れを新しく作るための切除・切開術が行われてきましたが、2012年にはチューブシャント手術が保険適用となり、チューブ状のデバイスを眼の中に留置して房水の流れを作るという方法が日本でも少しずつひろがってきているようです。

点眼薬の治療hana.jpg
 緑内障治療の基本は点眼薬になります。さまざまなタイプの点眼薬があり一人ひとり合う目薬は異なるため、状態に応じて使用されます。まず1種類から始め眼圧の下がりが悪いと追加あるいは変更して処方されます。最近では配合剤(2剤が1つになった目薬)も増えてきています。
 点眼薬の主なものでは房水を目の外に出しやすくするプロスタグランジン関連薬(キサラタンなど)や、房水を作る量を減らすβ遮断薬(チモプトールなど)及び炭酸脱水素酵素阻害薬(トルソプトやエイゾプトなど)があります。
 副作用としてはプロスタグランジン関連薬では虹彩の色素沈着、まぶたの黒ずみやまつげが長くなるといったものがあり、β遮断薬では気管支喘息や不整脈の発作を誘発したり血圧下降や徐脈といった問題もあります。炭酸脱水素阻害薬では点眼時にしみたり一時的にかすんで見えたりするといった副作用があります。副作用は点眼時に注意すればかなり予防できるものもあり、各目薬の点眼時の注意事項は薬局で説明を受けてから使用するようにして下さい。

ハローウィン.jpg