パンダ通信ヘッダのコピー.jpg

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

はじめにもみじ2.jpg

  加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)は、網膜の黄斑部に異常が起こることにより視力障害や視力低下をまねく病気です。
 欧米では成人(特に50歳以上)の中途失明の第1位といわれていて、日本においても高齢者人口の増加や生活習慣の欧米化などに伴い増加しています。病名からもわかるように加齢が主たる原因で起こる眼の疾患で、男性のほうが多く喫煙者に多いことも報告されています。
 視覚障害者手帳交付の原因疾患の中で黄斑変性症は第4位で治療をしないで放っておくと日常の生活がとてもしづらくなってしまいます。比較的最近まで治療法がなかったのですが、有効性の高い治療法が登場して視力の維持のみならず、従来では考えられなかった視力の改善まで期待できるようになりました。


黄斑、中心窩について

 黄斑は網膜の中央にあり視力をつかさどる重要な細胞が集中していて、他の部分より少し黄色く見えるところです。黄斑部ではものの形や大もみじ.jpgきさ、色、奥ゆき、距離などの情報の大半を識別しています。黄斑の中心部には中心窩(ちゅうしんか)といわれる最も重要な部分があり、ここに異常があらわれると視力の低下はさらに深刻になります。

加齢黄斑変性の分類(2つのタイプがあります)

shurui.jpg

自己チェック

amsurachart.jpg まずは黄斑変性であるかどうかの自己チェックをアムスラーチャートを使って行ってみて下さい。ふだんは両方の眼でものを見ているので悪くなっていても片方の眼がカバーするため変化には気が付きにくいので、片眼ずつチェックをする必要があります。
 自己チェックを行って線がぼやけて薄暗くみえたり、中心がゆが見えたり、部分的に欠けて見えたりすると、加齢黄斑変性の可能性があります

検査方法

kensa.jpg

治療法

chiryou2.jpg

topics.jpg

予防のために

ninjin.jpgkabocha.jpg 禁煙は必要です。ビタミンC、ビタミンE、ルテインは新生血管の発生を少なくさせるとの報告があり、亜鉛不足と加齢黄斑変性との関連も指摘されているのでバランスのとれた食事を心がけましょう。ルテインは紅花や人参、かぼちゃなどに含まれていますが、摂取しにくい場合はサプリメントを利用するのも良いでしょう。

komento.png