pt72.jpg

アルツハイマー型認知症(AD)

はじめに
アルツハイマー型認知症(AD)とは

72-1a.gif

 認知症の原因として最も多い病気はアルツハイマー型認知症(AD)であるにもかかわらず、AD治療薬としては1999年にアリセプトが発売されてから、これまで新薬はありませんでした。けれども、この度12年ぶりに続々と3種の新薬(ガランタミン、リバスチグミン、メマンチン)が承認され、私たちとしても期待したいところです。


72-2a.gif

 レミニールはアリセプトの持つアセチルコリンエステラーゼ阻害作用(※参照)に加えて、レミニールのみが持つ特徴としてアセチルコリン受容体(神経の伝達物質のアセチルコリンが放出されると、それを受ける側のこと)の一つであるニコチン性アセチルコリン受容体の活性化を増強する作用もあわせ持つため、より脳内のアセチルコリン量を増加させ、伝達が増強されるというものです。
軽度~中等度(後述)の認知機能障害の方に対し改善が期待されます。

※ADの方は臨床的には認知機能の低下、神経病理学的には、いわゆる老人斑と神経原線維変化を主徴とする進行性の神経変性疾患であって、大脳皮質においては アセチルコリンの低下が認められ、アリセプトはアセチルコリンを阻害する酵素 (アセチルコリンエステラーゼ)を阻害することで、結果として脳内のアセチルコリン量を増加させるというものです。


72-3a.gif

 画期的な貼付タイプの治療薬のため、嚥下困難の方でも投与が容易で、使用状況の管理も解りやすく、皮膚吸収であるため薬剤の血中濃度が一定に保ちやすく、
 しばしば内服薬で問題になる消化器症状(主に悪心、嘔吐)等の副作用が出にくいという利点があります。また、リバスチグミンはアセチルコリンエステラーゼ及び
 ブチリルコリンエステラーゼという両方のアセチルコリンの伝達のじゃまをする酵素を阻害することで、より強力に脳内のアセチルコリン量を増加させることができます。
 レミニールと同様、軽度~中等度の方の改善が期待できます。


72-4a.gif

 メマリーはアセチルコリン作動(アセチルコリンの伝達を良くする)作用とは異なる作用のため、アリセプト、レミニール、イクセロンパッチ、リバスタッチパッチの各々 との併用ができ、より効果的な改善が期待できます。
 通常、刺激興奮が起こった脳内ではグルタミン酸(興奮性伝達物質)が放出されます。その遊離したグルタミン酸により、通常は不活性であるNMDA受容体と呼ばれるものが活性化されることにより、記憶・学習の形成が行なわれます。
 けれどもADの方の場合、グルタミン酸が過剰放出されるために、通常不活性であるはずのNMDA受容体が常時活性状態にあり、生理的刺激興奮による必要な刺激とそうでない刺激の判別がつかなくなり、記憶・学習の形成に悪影響を及ぼすと 考えられています。また、過剰なグルタミン酸は神経細胞死を招くのです。
 メマリーは、この過剰なグルタミン酸刺激により活性化したNMDA受容体に拮抗することにより興奮毒性を阻止し細胞死を防ぎます。その作用は本来人間が持っている生理的なグルタミン酸の神経活動に影響を及ぼすものではなく、過剰なグルタミン酸の刺激による混乱を阻止し、正常な記憶学習の形成を助けるというものなのです。
 中等度~高度の認知機能障害の方の改善が期待できます。


72-5a.gif
軽度⇒古い記憶はほぼ正常なのに最近の出来事はしばしば忘れる。場所はだいたいわかるが、年月日が不正確。日常会話はほぼ可能だが、記憶に頼る内容の 会話は困難である。
 趣味に対する関心がうすれ、夕食の準備や買い物で失敗する。

中等度⇒古い記憶も部分的に脱落。通常の日常会話にも時々支障がある。近所以外では迷子になり、買い物は一人でできない。
 自分で体をきちんと洗うことはできるが、日常生活でときに介助を要する。

高度⇒古い記憶の多くが脱落し、新しい出来事は全く記憶ができない。年月日、時間、 場所、人物がかなり不明確で、日常会話にも支障がある。体はうまく洗えなく 日常生活で全面的な介助が必要。しばしば失禁する。

72-6a.gif